人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Dash to Little Tokyo by DASH   May 1


ロスアンゼルス市といっても本当に広い。
面積はLA市だけで東京都の約半分。 周りのサンタモニカ市とかは又別の市になる。

車がないと生活は本当に不便。
といっても勿論交通網は整備されているわけで、Metro Railと呼ばれる電車をはじめ
Metro Bus、そしてワタシが泊まっているホテルの前にはDASHと呼ばれるバスが止まる。


DASHのバス停に向かっているとワタシに向かって手を振っているヤツがいる。


      「 アレハ~! コレハ~! 」

どうやら日本語か?
述語を言え!述語を!!!

……嗚呼、早くバス来ないかな…。


10分ほどでバスが来た。
同じ路線のはずなのに、LITTLE TOKYO行きの文字が見えない!ヤバイ!
乗車する時に運ちゃんにきいてみた。

   沙 「 は~い! これはLITTLE TOKYO行きですよね?」
   運 「 ああ、そうだよ。」
   沙 「 運賃はおいくらです? 」(運賃も確かめずに乗ってしまった…)
   運 「 45セントだよ。 」


ヤバイ、45セントなんて小銭無かった…。
バスは既に発車している、こうなったら1ドル入れるしかない。

   沙 「 小銭が無いもので…お釣は勿論要りませんから…。」

すると運ちゃん、ワタシの手を遮って

   運 「 NO! NEXT TIMEでいいさ!」

嗚呼、何て優しい運ちゃん。(ToT)

ワタシはありったけの小銭(多分30セントくらい)を入れてSORRY,SORRYを連発していた。

d0023835_18463934.jpg


さて、どのバス停で降りたらいいものだろう?
LITTLE TOKYOに着いたら運ちゃんが教えてくれるだろう、とえらく楽観的に考えていた。

d0023835_1847129.jpg


途中アジア系、それも日本人ぽいおじいちゃんが乗ってきた。
ひょっとして日系人?それもLITTELE TOKYOへ行くとか?

その人が降車紐を“引っ張った”。
地図で見るとどうやらLITTELE TOKYOへかなり近づいているようだ。

一緒に降りちゃえ!

降りたところはまさしくLITTLE TOKYO!

d0023835_18491544.jpg


いつの間にかそのおじいちゃんは消えていた。
まさかワタシをLITTLE TOKYOへ導く神様だったのか?(そんなわけない)

さて、LITTLE TOKYO散策といきましょうか。

d0023835_18512290.jpg

by sammihk | 2006-07-01 19:00 | 旅行(LA@US)