気まぐれ更新ブログ


by sammihk
カレンダー

<   2007年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

星海広場  DAY3

旅順を後にして大連市内へと向かう。
いつの間にか車の中でウトウトと眠ってしまったワタシ。
ガイドさんの『ツキマシタヨ』という声で起きた。
そうだ。
大連に帰る途中で時間があれば寄りましょうと行っていた場所。

星海広場
d0023835_0254041.jpg

d0023835_20503085.jpg
最初今年の干支の豚かと思ったけど
来年の干支のネズミ??


何とこの広場、 アジア一の広さ があるという!



風がゴーゴーとうなる中での決死の動画撮影!
氷点下5℃?10℃?それくらい寒かった。

アジア一の広さと言われてもこんなに広かったら遠くが霞んでいてよくワカンネー!

d0023835_031446.jpg

d0023835_0311667.jpg

この星海広場の周りで気になったのは、とにかく高層マンションがドンドン出来ている事。
香港に住んでいるワタシはこういうマンションは見慣れているのであるが
それにしてもこの棟の多さといい、何かに急かされているような雰囲気といい
非常に気になった。

このあたりは土地は高くなっていくのだろうか?高くなるんだったらぼろ儲け??
いや、ワタシだったら大連ではなく深圳にマンション買うけどな。
・・・・・・・・・お金があったらの話だが・・・。(-_-;)


ガイドさんが言っていた。
 『ニホンジンデモ マンションカッテイルヒト イルヨ。
 ニホン二スンデイテ タマニ コチクル。ベッソウ ダネ。 ウラヤマシイ。』

なるほどねぇ・・・。^^;  どういうシチュエーションか想像出来るな・・・。


あまりにも寒かったため、早々と車に戻り再び大連市内へと向かう。


午後3時。
無事にホテルについた。

一人での参加だった為割高にはなったが、有意義なツアーだった。

まだ時間はあるな。
しかし午後4時には薄暗くなるここ大連。
夕食の時間まで暫く部屋でゆっくりする事にした。
[PR]
by sammihk | 2007-12-31 00:42 | 旅行(大連@中国)
再び車で移動して次の目的地へと向かう。

最後となる見学地は、またもや日露戦争の激戦地、かの有名な二〇三高地
d0023835_213155.jpg
d0023835_214333.jpg
なんだかデカイ駐車場のようなところに車は止まった。
ここから先は歩いて行かなければならないそうだ。
それも山登り・・・。^^; よかった最近ジムで鍛えているワタシ♪
駕篭屋のようなおじさんがいて『乗っけていくよ、50元』とか言うけど、
勿論相手にしなかった。^^;

それにしても観光客は全くいない・・・。
本当にシーズンオフなんだろうな・・・。

20分ほど登っただろうか。やっと頂上に着いた。
頂上には土産物屋も出ていた。
小姐が片言の日本語で声をかけてくる。
お客さん全くいないのに・・・頑張るのね。^^;

d0023835_273870.jpg
これは爾霊山(er ling shan)と呼ばれる戦死者を弔う為に作られたもの。
音が二〇三の発音と同じという事も意味があるそうだ。
(実際には“三”と“山”の発音は違うのだけど・・・そのあたりは突っ込まなかった。)
でも・・・この弾丸型の記念碑、落書が多かったのは何だか悲しかった。

d0023835_2172886.jpg
d0023835_2174350.jpg


寒さに震えながら『オミヤゲ、カッテ!』と叫ぶ小姐に
正しい日本語を教えて頂上を後にする。←結局何も買わなかった日本人らしくないワタシ。

それにしても寒さがどんどん厳しくなる。
車が待つ麓まで足早で向かう。

あまりにも寒かったので、麓に着いた時にトイレをかりる事にした。
ガイドさんが『キタナイデス!ダイジョウブデスカ?』と言ったけど
『大丈夫です、慣れてますんで♪』と答えたワタシ・・・・。^^;

トイレを使って出てきた時、ガイドさんが『コッチ、コッチ!』と手招きした。
御土産物屋らしいたたずまいだったので、気がすすまなかったがとりあえず入ってみる。

そこにあったものは・・・

More
[PR]
by sammihk | 2007-12-30 02:59 | 旅行(大連@中国)
小雨が降る中を再び移動。
次は同じく日露戦争ゆかりの地(というか旅順は日露戦争関係ゆかりの場所しか・・・)
水師営会見所
d0023835_0311385.jpg
d0023835_0312810.jpg

ここは日露戦争でロシアが降伏を申し入れた後、1905年1月5日に
日本側乃木希典将軍と、ロシア側ステッセル中尉を代表とする
会見が行われた場所。

興味深いのがロシア側の部屋と日本側の部屋が分かれている事。
d0023835_0441813.jpg
ロシア側の部屋へ入ってみた。

d0023835_0473154.jpg
実際の会見はこちらロシア側の部屋で行われたそうだ。
想像していたより凄く狭かった。

d0023835_0504813.jpg
もう片方は日本側の控え室。
中には日露戦争に関する写真等が。


なぜかこの二つの部屋の間、つまり入り口から入ってすぐのところに
花文字書きのおじさんが・・・。^^;
『ナマエ、カキマスヨ!』
・・・・・・・・・・・・・・・。 何で・・・。^^;; 要らないよ・・・。


さて。
お昼どきになった。
このツアー(と言っても参加者はワタシ一人・・・・)のお値段は食事込という事だった。
水師営会見所のすぐ前にレストランがあり、そこで食事を取るらしい。

More
[PR]
by sammihk | 2007-12-29 01:31 | 旅行(大連@中国)

東鶏冠山@旅順  DAY3

あじあ号を見て興奮した後、再び車に乗る。
参加者がワタシ一人な為、運転手さん一人、ガイドさん一人、計三人のツアーだ。^^;
ガイドさんは旅行会社の人だったけど、運転手さんはどうやら白タクらしい・・・。
ガイドさんと運転手さんの会話で分かった。^^;

さて。
次に向かうのは、旅順
日本人には馴染のある地名だと思う。
歴史好きのワタシも是非訪れてみたいところだった。
同世代の日本人女性はあまり行こうとは思わないだろうけどね。^^;

大連市内では沢山『旅順一日観光ツアー』なる看板があったので、
中国人に混じってそれらのツアーに参加しようと思ったが、これは出来なかった。
旅順は軍事施設がある為、外国人は立ち入れないエリアがあるという。

旅順は大連の隣町と言っていいだろうか。
(しかし中国の場合一つの市が日本でいう一つの県くらいの大きさがあるので
一概に比較は出来ない。)
車で一時間弱走って旅順に入った。

大連とまではいかないが地方都市のようなイメージがあったが全然ハズレ。
人が本当に住んでいるのかと思うくらいの田舎だった。

まずガイドさんが連れて行ってくれたのが東鶏冠山という日露戦争での激戦地。

d0023835_0204411.jpg
d0023835_0205783.jpg

日露戦争当時、帝政ロシアは旅順に本格的な要塞をどんどん構えていたそうだが
ここもその一つで、この要塞を狙って日本軍が突入したそうだ。
d0023835_0235597.jpg
勿論補修を何度も加えたに違いないが、当時の爪跡をうかがい知る事が出来る。




d0023835_027158.jpg
要塞というくらいだから勿論ここでロシア軍は寝泊りしていたのだが
『宿舎』とはいいながらもどのようなものだったのかはある程度想像がつく・・・。
d0023835_0283241.jpg


ここには小規模な博物館があり、日本語ガイドさんがいて模型や写真を見ながら
日本語で説明してくれた。
そして最後に、『写真集200元、定価ハ300元ダヨ、安イヨ。』だと・・・。
^^; 買わないよ・・・。


ちょうどここを見学し終わる頃、雨が降ってきた。
凄く、凄く冷たい雨・・・今にも雪になりそうな雨だった。

d0023835_0314533.jpg
冷たい雨の向こうに見えた石碑。

ロシアと日本の戦争の地となったここ中国の旅順でこの文を見るのは、
何とも言い難いものが胸に突き刺さるようだった。
[PR]
by sammihk | 2007-12-28 00:52 | 旅行(大連@中国)
大連旅行3日目。

ワタシはツアーに参加する事にしていた。
・・・・と言ってもこの時期に旅行に来る人は多くはない様で
このコースの参加者はワタシ一人・・・。^^;

まずはじめに行った所。

d0023835_053623.jpg


な、何なんだここは?!

こんなところに アレ が本当にあるのだろうか???

案内人らしきオサーンが倉庫のようなところに連れて行ってくれた。

ガラガラと扉が開く・・・


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

More
[PR]
by sammihk | 2007-12-27 00:59 | 旅行(大連@中国)
前回の続き。

夜は友人と待ち合わせして食事をする事になっていた。
ホテルまで迎えに来てくれた友人。
大連のレストランは結構バラエティに飛んでいるという。
友人のおススメの海鮮レストランに連れて行ってもらう事にした。

d0023835_06272.jpg
まずは乾杯という事で・・・
大連の地ビール(?)の黑狮というのを頂く。
あっさりしてて、かなり飲みやすい♪

d0023835_08653.jpg

これも大連の地ビールらしいけど
後で、という事で♪


さて、お食事は・・・
d0023835_0122417.jpg
d0023835_0123947.jpg
さすが日本人の方が経営されているだけあって、料理も日本人好み♪
カニ料理中心のお店でカニクリームパスタも頂いた♪^^

二人でおしゃべりしていると、途中友人に声をかけてきたお客さんがいた。
どうやら取引先の方らしい。
やっぱり『日本人』がひいきにしているお店なのね、と思っていると・・・
後で名刺をその方から頂いてびっくり。
てっきり日本人かと思っていたら中国人の方だった!

大連はやっぱり日本語が出来る人材が多い。
ワタシの取引先(広東省)でも日本語が出来る人を募集する時は
わざわざ大連に行って面接するというところがある。


このお店では毎晩二胡の生演奏があるとの事。

始まったようだ。


二胡以外にこれは古筝と言われる楽器だろうか。

よし、ワタシも一緒に二胡演奏しちゃおうかしらん♪ ←武漢で二胡習っていた熊猫。


・・・・・・・・・営業妨害になりそうなのでやめますた。(-_-;)


こうして大連二日目の夜は過ぎていった・・・。
[PR]
by sammihk | 2007-12-23 23:56 | 旅行(大連@中国)
やっと数日前に完成した奥海城の巨大クリスマスツリー。

d0023835_055926.jpg


夜中の11時近くというのに、この賑わい。^^;
巨大ツリーをバックにというのはいい記念になるんだろうな。^^


d0023835_0573735.jpg


ちなみに去年の様子は こんな感じ


早いなぁ・・・・一年が過ぎるのが、ほんとに。
今年ももうすぐ終わり。

 
[PR]
by sammihk | 2007-12-23 00:56 | 香港ライフ

師走の香港 2007

毎年恒例(?)
香港の師走の光景。

まずはじめは・・・Canton Road
d0023835_2343445.jpg
去年の様子 → こちら
やっぱり数字が7から8に変わっただけだった・・・。^^;

そしてそのまま歩いていって・・・Ocean Centre
d0023835_2346449.jpg



何か去年の方が派手だったな・・・ →去年の様子


そしてその横は勿論・・・ Star Ferry Pier
d0023835_23565241.jpg


d0023835_23592433.jpg



最近香港は本当にガスが凄い。
ガスってなかったらもっとキレイに撮れるのになぁ・・・。
せっかくのクリスマスの夜景なのに・・・。
しかし年々イルミネーションが派手でなくなってきている気がする。
4、5年前はもっと凄かったような・・・。
節電の為なのか?今年は“環保”活動も盛んだったしなぁ・・・。






そして最後は・・・・ Peninsula Hotel

d0023835_082220.jpg
d0023835_091243.jpg


ほぼ帰宅のルートだけど、いつもはバス停に向かって一直線だから
数ヶ月に一度このルートを通るか通らないかだと思う・・・。^^;
だってワタシ・・・人混み嫌い・・・。(-_-;) なのに何故香港在住?

これからはもっと色んなところを歩いてみよう。

いつまで香港にいるか分からないし・・・。

クリスマスイルミネーションを見るのも最後になるかも知れないし・・・。
[PR]
by sammihk | 2007-12-19 23:44 | 香港ライフ

Prime Minister Kevin Rudd

ワタシの密かなマイブーム☆(?)

オーストラリアの新首相、 Mr. Kevin Rudd
d0023835_0213468.jpg

彼の中国語は凄い!!!

どれくらい凄いかと言うと・・・・ ↓ 
Prime Minister Kevin Rudd on China Central TV(YouTube)

日本語の勉強の為に中国語の勉強の為に僭越ながら私めが通訳します♪
(以下、意訳、割愛部分有)

-------------------------------------------------------------------

私の中国語はますます下手になるばかりですよ。
オーストラリアでの仕事は中国語を話す機会もなく、英語を話せばいいですからね。
今日ここでお話させて頂くのも実は私のレベルでは難しい事なんですよ。

私は大学に入って中国語を学び始めました。70年代の事です。
私の中国語の先生は厳しい方でした。
大学卒業後は外交部(外務省)に入る事が出来ました。
そこに入って外交官として北京へ派遣されました。
上海でも勤務いたしました。
88年に帰国後はクイーンズランド州政府で勤務しました。
98年にはオーストラリア国会議員となりました。
その後労働党外交スポークスマン、労働党貿易スポークスマンとなり、
労働党党首となるまでに至りました。

中国人の友人も多いです。
貴国の胡锦涛先生がオーストラリアに来られた時、
家内そして子供達と一緒に北京オリンピック観戦に来て下さいと
ご招待して下さいました。
子供達も大変喜んでおります。

三人の子供達はみな中国語を勉強しているんですよ。
娘は今年香港人と結婚しました。
息子ですが現在大学生で法律と中国語を学んでいます。
中国語もなかなかのものですよ、一昨年上海の復旦大学へ留学しました。
中学生の息子もいます。
彼は中国語はまだまだですが将来は習得してくれる事を期待しています。

今後労働党が第一党になり、私が首相になる事になれば、
今もいい両国の関係をもっとよくする事が出来ると思います。
それは貿易に限った事ではなく、文化の交流においても。これも重要です。
例えば今中国からたくさんの留学生が来ていますが、
彼らにこちらの大学、高校で学んで頂くと個人個人、一人一人の有意義な交流に
つながるでしょう。
中国とオーストラリアの関係は良好ですよ。私はそうは心配しておりません。

(司会者)中国語は勿論プロフェッショナルですが英語がお上手でびっくりしましたよ。

ハハ!英語は母国語ですからね!
学生時代の中国語の先生も英語はお上手でしたが授業は本当に厳しかったです。
怖くていつも図書館に行っては勉強していました。

次回の選挙でどちらが勝ったとしても外交、経済、貿易、投資、技術面等々
すべての面で貴国との関係は上手く築けると確信しております。

今回このような機会を与えて頂きまことに感謝しております。
選挙の結果はどうなるか分かりませんが、両国の関係は変わらなく
良好であると信じております。


-------------------------------------------------------------------

凄いYO!!
勿論“若干”西洋人訛があって、ネイティブではないというのはきいてて分かるのだが
これだけ話せるって大したもんだ!

最初の『いやぁ~自分のレベルでは・・・・』と言っていたのは勿論謙遜。
キャスターの男性の英語はよく分からなかったのか?
率先して英語から中国語のやり取りに自然と切り替えている。^^;凄い・・・。

内容から言ってどうやら首相になる前に撮られたVのようだ。
CCTVのキャスターとのやり取りの中で、
CCTVは前からこの新首相に注目していたのだという事が読み取れる。


移民問題への取り組みが期待されている首相。

ワタシも澳大利亚へ移民しようかしらん♡

More
[PR]
by sammihk | 2007-12-18 00:28 | 時事ネタ
ロシア人街“もどき”の通りの突き当たりから西へ(大連駅方面へ)と入っていった。
d0023835_0262637.jpg
明らかに中国の建物とは違っている造りの家が続いていた。
ここがかつてロシア人が居住していた地域?
と、その時人が家から出てきた!(上の写真奥の白い扉より)
d0023835_0275234.jpg


トラック、荷車、物売りの声・・・。
明らかに人々がそこに生活している。
d0023835_0313481.jpg
三角屋根に煙突が伸びている。
d0023835_0335429.jpg
明らかに西洋の建物と簡体字で書かれた文字との対照が印象的だ。
d0023835_0362485.jpg


子供はどの国でも本当に無邪気で可愛い。

実はこのように普通に“生活”をしている地域、そして人にカメラを向けるのは
どうかと思った。
しかし、如何してもこの目で見た物を映像で残したかった。
決して興味本位という事ではなく・・・。

d0023835_0433680.jpg
d0023835_0435110.jpg
大通りに近付いて来た。
奥の近代的な建物とのコントラストが何とも言えない。

この地域に果たしてロシア人が居住していたのかどうか、
どれくらいの年月が経っている建物かははっきり言って分からないし如何でもよい。

しかし近代的な建物がどんどん建っていく中国の大都市、
昔ながらのこのような建物は残しておいて頂きたいし、
そしてそこに暮らしている人達の生活も守って欲しいと強く感じた。
d0023835_0475068.jpg

[PR]
by sammihk | 2007-12-17 00:27 | 旅行(大連@中国)